キャットフード

キャットフードの善し悪し見分け方

ペットも家族の一員として存在感が大きいので、飼い主にとっても、よりよい環境と食事で、元気に育てたいと思うのが普通です。

言葉での意思疎通ができないので、こちらが気をつけるべきことの中でも重要と言えるのは、食事です。ドッグフードと同じく、死んだ動物の肉を使ったり、腐ってしまい廃棄される肉や魚介類をキャットフードに使われていることは、かなり耳にする話ですし、長持ちさせるための防腐剤などを使っているものもまだあります。

どうやって見分けるのかといえば、まずは裏面の原材料名を見て「ミートミール」や「肉の副産物」「家禽」などの文字が並んでいないかを確認してください。いわゆるこれが腐っていたり死んだ動物の肉だったりします。
他には、グルテンや小麦粉が入っていないかどうかも重要です。増量アップのために入れているだけで、キャットフードには必要ありませんし、猫には悪影響です。
それ以外にはBHD、BHTなどの防腐剤が含まれていないかも確認するとなお良いです。猫にとっては毒に値する成分です。

以上を踏まえて、CMで流れているメーカーだから信用できる!ではなく、飼う側もきちんとした知識を持っていないと、大事なペットを守れません。

↑ PAGE TOP